気紛れ日記

Articles

管理人:竜胆 彩葉(りんどう さいは)


★リンク★
【お絵描き掲示板】
【鬼陽】(携帯サイト)

年に一度の願い事

「ッたく、相変わらずお前は詰まらねェ事を言うな」
呆れたように言った後の、
「じゃあ――」
この言葉。まさかこんな風に言ってくれるとは思わなかった。

その場を逃げ出した後、嬉しくて溢れる涙を止められなかった。


年に一度の願い事


イベント好きの奥州筆頭伊達政宗。この男がこの日に来ない訳がない。笹の枝を背負って、少し大きめの袋を持って、満面の笑みを浮かべてやって来た。それに付き従う男の眉間の皺は深くなる一方だったが、出迎えに来た橙の髪色を視界に収めるとフッと表情が和らいだ。
「Hey、猿。久し振りだな、元気そうで何よりだ」
「いらっしゃい。竜の旦那、片倉の旦那。暑かったでしょ?冷たいお茶を用意してるよ」
「Thank you.それより……真田幸村はどうした?」
いつもは佐助と一緒に出迎えて来る幸村の姿がない。無礼だとは思わないが、あの元気一杯の若虎がいないと少し淋しい。
「ごめんねぇ、さっき道場から帰って来た所で水浴びしてるんだよ。あ、旦那達も汗流すなら案内するよ?」
馬を番に任せて、佐助は空になった湯呑に冷たいお茶を注ぐ。馬を駆けて来たのだから二人とも汗だくなのだ。お茶を一気に喉に流し込み、政宗が汗を拭った。
「山水の滝だから冷たくて気持ちいいよ。すぐ近くだから行く?」
「へぇ、良さそうじゃねェか。案内してくれよ」
「いいよ、こっちだよ」
佐助は先に立って雑木林の中を危なげない足取りで進んだ。すると、冷やりとした森の空気で多少引いた熱が、川のせせらぎで更に落ち着いていく。小川を上流に少し向かうと、滝に打たれる幸村がいた。
「お~い、真田の旦那!修業は後回しにして、竜の旦那と片倉の旦那に挨拶……」
「うおおぉぉぉぉ、大車輪!」
佐助の声は滝の音に遮られて若虎には届いていなかった。焔を巻き上げて滝を割ると、水蒸気が沸き立ち、熱い湯が辺りに降り注いだ。すぐ近くにいた者には堪ったものではない。
「あちちちち!」
「政宗様!」
「何してんの、旦那!客人が火傷するだろ!」
政宗を小十郎が庇い、その小十郎の前に立ち塞がって佐助が風を巻き起こした。降り注いでいた湯と、立ち込めていた靄を一気に吹き飛ばす。それでようやく幸村が気付き、満面の笑みを浮かべた。
「おぉ、佐助!政宗殿、片倉殿、よく参られた! 」
「大丈夫ですか、政宗様?」
「あぁ、平気だ。お前も大丈夫か、小十郎?」
「はっ」
「どうされたのだ?そんな怖い顔をされて……?」
無言で幸村を睨み付ける小十郎に佐助は苦笑するしかない。若虎に悪気はないのだ。
「あはは……ごめんね、怒んないでやってよ」
「大丈夫か?火傷しただろう」
政宗と小十郎を庇って熱気を一人で浴びたのだ。着物から出ている日に焼けていない白い肌が赤くなっていた。小十郎が顔を顰めると佐助はヘラリと笑ってするりとその腕からさり気無い動作で逃げた。
「平気、平気。いつもの事だし、こんなの怪我の内に入らないよ。それより、真田の旦那!滝ちゃんと冷たくなってる?竜の旦那と片倉の旦那にも入って貰おうと思ったんだけど大丈夫?」
「あぁ、冷たくて気持ちいいぞ。佐助も来い」
「馬鹿な事言わない!もう……さ、どうぞ。あんた達が入ってる間に着替えを持って来てあげるよ」
幸村の言う通り、冷たい水で腫れた所を冷やせばいい。そう言おうとしたのだが、止める間もなく佐助の姿が掻き消えてしまった。行き場を失ってしまった手が空を切り、力なく降ろされる。そんな男の背をポンポンと叩き、政宗が声を落として言った。
「どこまで行っても、とことん忍。アイツはそう言いたいんだろ」
「解っております。愚かなのは俺の方です」
それでも止められないのだろう。不器用だが、真っ直ぐで潔い。そんな気性なのだ。政宗は口の端を上げただけでそれ以上は何も言わなかった。

滝で涼んだ後、屋敷に戻って笹を飾る事になった。
「この飾りも政宗殿の手作りでござるか?」
幸村が目を丸くした。政宗が持って来た袋の中から短冊の他にも巾着や紙衣、投網など、沢山出て来たのだ。それを二人で手分けして笹に飾っているのである。
「そうだぜ。この一つ一つに意味があるんだ。だが、まぁ気にすんな。これくらい飾らねェと地味だろ」
「派手にすれば良いというものでもござらん」
「馬鹿野郎、ちょっとでも派手にしておかねェと、川に流す時に誰のものか判らなくなるだろ」
「川になど流したら下流で誰かが拾うかも知れぬし、ゴミになるでござる」
そう言いながら飾り付けしていく手の動きが遅くなる訳ではない。幸村とて短冊に願い事を書いて吊るすのを楽しみにしていたのだ。
「細かい事を言う奴だな。じゃあ、アンタの焔で空に送るか?」
「任せられよ。灰すら残らず焼き尽くして見せようぞ」
「……あぁ、まぁ、任せる」
「うむ」
嬉しそうにしている所を見ると、本気なようだ。政宗は痛む頭を押さえながら、七夕の段取りを考えていた。


そうして部屋の前に控えていた小十郎はふと影が動いたような気がした。刀に手を伸ばして目を凝らすと、
「待って、待って。俺様だよ」
声を落として、佐助が両手を上げて現れた。お互いに安堵の息を吐き、
「存在を主張しろとは言わねェが、危うく斬り殺す所だぜ」
小十郎は刀の柄から手を放し、
「斬り殺されても文句も言えないんでね。別に気にしなくていいよ」
ヘラッと笑いながら佐助はゆっくりと両手を下ろした。
「いちいち癪に障る言い方しやがって」
そう、殊更自らを卑下した物言いをするのだ。だが、それが普通なのだ。忍が武士と顔を合わせて話しをする事の方がおかしいのである。小十郎が表情を険しくし、佐助はキョトンと目を丸くした。
「あんたが気配に敏感なのが凄いんだよ。俺様の気配を追えるのはそうそういないよ。流石は竜の右目だよね」
「…」
「どうしたの?」
「お前はもう短冊に願いを書いたのか?」
今日は七夕。極当たり前な質問だった。だが、質問をする相手が間違っている。佐助は肩を竦めた。
「それ、言う相手を間違ってる。忍に望みなんてある訳ないでしょ?短冊は真田の旦那に渡したよ。本当に嫌味にしか聞こえない」
「本当に望みが無いのか?」
驚いたような男の所作に佐助は苛立った。何故こうまで神経を逆撫でするのか。
「あ~、もう。俺様の望みは給料が上がる事。それ以外には無いよ。他の事なんて望んだって叶いっこないし、考えるだけ時間の無駄さ」
吐き捨てるように言うと、小十郎が目を細めて穏やかに笑った。本当の彼を垣間見たような気がしたのだ。だが、その胸の熱さを微塵も見せず、小十郎は鼻を鳴らすと、
「ッたく、相変わらずお前は詰まらねェ事を言うな」
殊更呆れたような口調で言った。そして、――
「じゃあ、他の望みは来年の今日までに考えておけ。さっきのお前の望みは俺が代わりに願っていてやろう」
穏やかに笑った。
「…ッ!」
その瞬間鋭く息を呑み、佐助は呼吸を忘れた。穏やかな男を前に、何を血迷った事を言っているのかと笑い飛ばす事も出来なかった。本気で言っているのが解ったからだ。解って、佐助はその場を逃げ出した。
「おい?」
小十郎の声が聞こえたが、知らん顔をして地を蹴って雑木林に飛び込んだ。森に紛れてしまったら彼を見つけ出すのは骨が折れる。
「やれやれ……逃げ足の速い奴だ」
ポツリと呟き、小十郎は一瞬見せた佐助の表情を瞼に焼き付け、口の端を上げて笑った。



佐助は男から逃げた。忍らしくない目立ち過ぎの忍。自覚はあるが、それは武田と言う特殊な環境下でのみの事である。同盟国であり、主人である幸村が政宗と懇意にしているから佐助も姿を現しているが、本来であれば小十郎の隣で主人達の試合を見守るなど有り得ない。だからこそ距離を取っていた。自分は同じように扱われるような身分ではないのだと。
「どれだけそれを口で言っても聞きやしない!」
それどころか不機嫌になるのだ。何故そんな物言いをするのかと。
「俺様は忍!忍なんだよ!人じゃない!」
幸村にも短冊に何を書いたのかと同じように訊かれた。だが、適当にはぐらかして与えられたそれを、好きな願いを書けばいいと幸村に譲ったのだ。主人が喜ぶ顔を見られて、佐助はそれだけで良かったのである。それなのに。
「挙げ句の果てに、代わりに願っていてやろうなんて……!」
涙が溢れた。馬鹿にするにも程がある。そう言ってやりたかった言葉は声として成さず、ただ逃げ出した。嬉しかった。心が震えるほど嬉しかったのだ。自分に与えられた短冊を佐助の為に使ってくれるというのだ。例えそれが嘘だったとしても嬉しい言葉だった。涙を拭い、佐助は一際高い木の上へ飛んだ。上手く呼吸が出来ないくらい動揺して高鳴る胸を押さえて、懸命に呼吸を整える。
「真っ直ぐな人だから、優しい人だから……」
だから尚更佐助はそれに甘える訳にはいかない。
「いつか俺様があんたに相応しい身分で生まれてきたら、その時は……右目の旦那」
傍に居たい。そう言えるだろうか。橙から藍色に移り変わっていく空を見上げ、佐助は輝き出す星空を想って瞳を閉じると、ただ静かに祈った。



来世を夢見ながら、日の本一の忍は孤独を貫いた。
それでも年に一度。たった一度だけ。
小十郎の隣で幸せそうに笑う佐助の姿が見られるようになったのだった。



ははは、すんません。結局寝落ちしてしまって、遅刻しました……orz
しかも報われない。せっかくの七夕が……。なので、もう一本書いてみました(笑)
こっちはほのぼの片倉家。
父:小十郎・母:佐助・長男:政宗・二男:幸村。有り得ない男系四人家族です。


片倉家の七夕

笹担当は父。飾り担当は母。子供達はウキウキと願い事を考えるのが担当だ。
梅雨真っ直中の七月でこの日が晴れる事は稀である。窓から雨模様を見ている幸村が淋しそうにしており、
「どうしたの、幸ちゃん?」
それに気付いた佐助がそっと子虎の頭を撫でた。
「彦星と織姫は一年に一度しか逢えないのに、毎年のように雨で……これではせっかくの一日が台無しだと思って。それに、天の川が雨で溢れたら逢えなくなってしまう」
子供ながらに現実的である。う~んと考えながら隣に座り、佐助は幸村と視線を合わせた。
「じゃあ、幸ちゃんは武田の大将と久し振りに逢える日が雨だったら、その日は全然嬉しくないの?」
「そんな事は……!お館様に逢えるだけで某は嬉しい!」
「でしょ?じゃあ、彦星と織姫も嬉しいんじゃないかなぁ?」
「……む」
上手く丸め込まれたような気がして幸村が口を噤んだ。佐助は納得したような、そうでないような子虎の様子に笑みを誘われた。
「でも、雨が降ったら川が……」
「うん、そうだねぇ。天の川が溢れちゃったら逢えないよね。じゃあ、例えば。大雨洪水警報が出ていて、外に出るのが危ないのを判っていて、幸ちゃんは大将に道場へ来て欲しい?」
「それは……そんな危ない事はして欲しくない」
「そうだよね。もしそれで大将に何かあったら、幸ちゃんは凄く後悔するでしょ?だから……」
「Ha!彦星と織姫は逢えなくても大丈夫ってか?」
佐助の言葉を引き継いで政宗が口を曲げた。
「もし自分だったらどうするんだよ?好きな人が本当に遠くの国に住んでいて、年に数回しか逢えないような相手だったら?」
政宗は例え話のつもりで尋ねた。佐助は横から茶々を入れて来た子竜に視線を投げ、ふむと考えた。
「そうだねぇ。俺様だったら、相手の事を考えるかなぁ?逢いに行って迷惑を掛けちゃいけないしね。逢わなきゃ死ぬって訳でもないのに、自分を優先する訳にはいかないでしょ」
「……ッ!」
その言葉に政宗は息を呑み、笹の準備をしていた小十郎が枝を倒した。何事だと幸村が目を丸くする。
「あ、でも……それが命に係わるような事なら話は別かなぁ。その相手が危篤とか、自分の命が尽きる時とかなら、何が何でも逢いに行くとは思うよ」
誰の話をしているのか。政宗は呼吸を忘れるくらい佐助を凝視し、小十郎はずかずかと歩み寄ると、彼の華奢な身体を後ろから抱き締めた。
「何?どうしたの?ただの例え話だよ?俺様、浮気なんてしてないよ?」
「あぁ、そうだな。お前はいつでも俺の事を考えて……」
「?当然でしょ?」
「……」
「?」
小十郎が黙り込み、佐助は微かに首を傾げた。困惑したような視線を投げられ、問いを投げ掛けた政宗はハッと我に返ったように瞬きをし、懸命に動揺を押し隠して口を開いた。
「アンタがそんな殊勝なタマか?父さんには言いたい放題じゃねェか」
「何言ってんの!言いたい放題じゃない……と思う!」
自信の無さ気な語尾に政宗と幸村が吹き出し、小十郎は肩を震わせて笑った。
「何であんたまで笑うの?」
「す、すまねェ」
小十郎の頬を引っ張る佐助に、政宗と幸村が顔を見合せて笑った。
「あぁ、まぁ、喧嘩するほど仲がいいって言うな」
「父上と母上は仲がいいでござる」
そんな二人を置いて、政宗は幸村と一緒に短冊に願いを書いていった。



かつての彼の片鱗を見たような気がして政宗は嬉しかった。戦国の世の記憶を持たず、小十郎の事も全く覚えていないのだ。男は何も言わないが、それがどれほど淋しく辛い事か。政宗でさえどこか淋しいと思うのだから、小十郎のそれとは比べ物にならないはずだ。だからこそ、こうして佐助探しをしてしまうのである。小十郎も度が過ぎない限りは何も言わなかった。政宗や幸村の気持ちが解るからだ。だが、佐助を刺激するような事だけは決して許さなかった。彼が記憶を持たずに転生して来たのには訳があるのだろう。その意味を考えずに、彼を追い詰める訳にはいかないのである。
「もう、何でそんな顔すんの?俺様、そんなに変な事言った?」
「いいや。ただ、俺だったらお前と毎日顔を合わせなきゃ狂って死んじまうと思っただけだ」
「嫌でも顔を合わせるような状況だと思うけど?」
何を言っているのかと呆れ返る佐助の手を取り、小十郎はそっと甲に口づけた。
「お前が俺を見なけりゃ意味がない」
「見てるよ。いつでも俺様はあんたを見てる。あんたもずっと俺様の事を見てくれているでしょ?」
「あぁ、お前だけだ」
佐助に逢いに生まれてきたようなものだろう。万感の想いを籠めた小十郎の言葉に、佐助は熱くなる胸を押さえ、だが込み上げる感情を殺し切れずに嬉しそうに笑った。誰の目から見ても幸せそうなその笑みに、小十郎も穏やかに目を細めて笑い、そっと触れるだけの口づけを落とした。




捏造片倉家でした(笑)

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/