気紛れ日記

Articles

管理人:竜胆 彩葉(りんどう さいは)


★リンク★
【お絵描き掲示板】
【鬼陽】(携帯サイト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beautiful day

雲が流れる真っ青な空。
あの頃は空を見上げる余裕なんて無かった。
見ても、今みたいに綺麗だとも思わなかっただろう。
あの頃の方が断然空気も澄んでいただろうし、光化学スモッグなんてない時代なのに。
「…」
今、こうして空を見上げる人は今の時代にどれくらいいるんだろう。
生きる為に剣を振るったあの頃。今は生きる為に時間に追われる日々。結局、何も変わっていないのかも知れない。そんな考えに至った時、
「おい、慶次。何ボケっとしてる?置いてくぜ」
今は造船会社に勤める隻眼の男が振り返って呼んだ。
「あぁ、ごめん。すぐ行くよ」
前を見ると、元奥州の筆頭とその右目、甲斐の若虎とその配下の忍、そして詭計智将と呼ばれた面々が待っていた。
(あ…)
変わっている事に気付いた。
(あの頃は、皆こんな風に笑わなかった)
何物にも縛られない。そんな彼らの表情はとても幸せそうで。慶次の表情も知らず綻んだ。


あの頃の記憶を持つ彼らとの再会。
それは何物にも代えられない至福の時。

突発SS。
今日はとても空が綺麗で、そんな空を仲間と見上げたいなぁ、そんな情景を書きたいなぁ……と、思ったんだけどな(笑)
現代を生きる彼らに繋がってしまいました。
彼らの中で慶次が一番自由に生きたような気がするので、彼らを語るのはこの大男の役目かと。
補足が必要な駄文でした。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。