気紛れ日記

Articles

管理人:竜胆 彩葉(りんどう さいは)


★リンク★
【お絵描き掲示板】
【鬼陽】(携帯サイト)

BASARA de バレンタイン

bitter&sweet


2月14日。
元親はこの日が苦手だった。
「チョコレート会社の陰謀に乗るなよ……」
造船工場の現場監督をしている男の元には、他の部署から届けられたチョコレートの包みが大量に置かれていた。毎日楽しそうにしている男の周りには、自然と人が集まってくる。まるで太陽のような男だと、誰かが噂していた。それは当たらずとも遠からず、その性質を表していた。男は誰にでも等しく光を与えるのだ。例えば、大量の義理チョコの中に本命が混じっていたとしても、それに気付かない残酷さがあるのである。
「やれやれ……」
チョコを袋に詰め込み、元親は現場へと向かった。仲間達と一緒に食べる為である。

作業場に降りてきた元親に気付くと、部下達がワッと歓声を上げた。
「アニキ、今年も大漁ッスね!」
「お前らのも入ってんだぜ。せっかくだから皆で食っちまおうや」
「へい!おい、休憩だ!」
そうして袋からチョコレートを取り出すと、有名店に詳しい部下達が飛び上がって喜んだ。毎年の事だが、どこの店の何が美味しいとか、そう言った情報はあまり頭に入って来なかった。元親自身が甘いものが苦手だからだ。部下達が勧める高級チョコを食べても、特別美味しいと感じた事が余りないのである。
「甘ったるいだけじゃねェか」
「それがいいんスよ。あ、じゃあアニキはあっちのがいいかも知んねぇなぁ」
うきうきしながら部下がチョコを漁る。何もしなくても元親の前にチョコが並べられていくのだ。それをげんなりとしながら眺めていると、
「これこれ。これなら大丈夫じゃねぇッスか?苦めのビターチョコッスよ」
差し出される高級チョコ。
「……ん」
乗り気ではない元親の様子に苦笑しつつ、甘いものが好きな部下達は嬉しそうにチョコを平らげていった。そんな彼等の様子を見ているのが楽しく、毎年のように皆で分けていた。その為、男宛のはずだったチョコも彼等の胃の中へ消えていくのであった。


チョコの食べ過ぎで、元親は途中から気分が優れなくなってしまった。部下達の三分の一も食べていないのだが、元々甘いものが苦手な男からすれば充分な量であった。
「勘弁してくれよ」
ムカつく胸を押さえながら、帰路につく。売れ残ったチョコがワゴンで売り出されているのを尻目に通り過ぎると、ふとあるものが視界に入り、足を止めた。
「……」
これ以上チョコは食べられないだろう。だが、これならば。
元親はそれをひとつ手に取り、カウンターへ向かった。

丘の上の元就のアパート。坂を上がり、角部屋を見ると明かりが点いていない。恐らく残業だろう。毎年彼も紙袋に大量にチョコを持って帰ってくるのだ。IT企業に勤めている彼も他の部署から届くのだと言っていた。本命らしいものは食べてやりたいが、毎年気分を悪くして帰る為、それも出来ずにいる。郵便受けを覘き、合鍵を取り出しながら部屋へ向かう。家主のいない部屋へ上がり、とりあえず水を飲む。それでも胸焼けはおさまらず、ソファにもたれ掛かって肺の中の息をゆっくりと吐き出した。どうも吐く息までもが甘く感じる。眉間に皺を寄せつつ、早く消化してくれと願いながら瞳を閉じた。

眠っていたのだろうか。ふと元親は目を覚ました。すると、いつの間に帰ってきたのか家主がいる。扉を開ける音にも気付かずに眠りこけていたようだ。
「起きたか」
「……ん、お帰り」
「うむ」
「……飯は?」
腹は減っていないが、仕事から帰ってきた元就は空腹だろう。欠伸をしながら大きく伸びると、元親は体を起こした。まるで大きな猫のような動きに目を細めて笑い、元就は買ってきておいた弁当をテーブルの上に置いた。
「抜かりはない」
「悪ぃ」
「ふん、毎年の事だ」
「……ん」
いつも元気な男だが、毎年バレンタインは弱っている。律儀に食べるからだと元就は呆れたが、せっかくもらったものだからと、必ず仲間達と分けて帰ってくるのだ。そこが元親のいい所でもあるのだが、やはり調子が狂ってしまう。
「あんたの今年の収穫は?」
「去年通りだ。暫くおやつは要らぬ」
「ははは、そっか」
「貴様は?」
尋ねられ、元親は途中で購入したものを袋のままテーブルに置いた。
「帰りに買ってきた。チョコはあんたももらって来るだろうし、いらねェだろ?」
言いながら男が取りだしたのは、
「……塩豆大福?」
包装も何もされていない大福。たまに元就が買って帰ってくるものと同じものだった。
「途中で見付けて衝動買いした」
「そうか。熱い茶でも淹れるか」
「俺が淹れるからあんたは飯食ってろよ」
立ち上がり掛けた元就を制すると、元親は湯を沸かし、急須に茶葉を入れた。ゆっくり休んだおかげで胸焼けもおさまっていた。調子を取り戻しつつある男に一瞥を投げると、元就は晩い夕食――弁当だが――に箸を付け、お茶を淹れて戻ってきた元親にも弁当を差し出した。
「すまねェな」
「さっさと食べろ」
「へいへい」
「ふん」
休憩時にチョコを食べた後、男は何も胃に入れていない。ひと口食べれば食欲が出て来るだろう。すると案の定、途中で台所へ向かい、冷蔵庫からビールを取りだした。

そうして弁当を空にすると、元就は嫌がる元親の前に今日の収穫を広げてみせた。
「あ~、これ食った。酒入りのやつだぜ。これも、これも……なんか毎年似たようなの貰ってんな」
「有名店のものを買えばよいと考えておるのだろう」
「ま、それが一番楽だからな。あんただってお返しはまたイチゴ大福にするんだろ?」
「うむ、貴様も早めに数を出しておくがいい」
「去年と一緒でいいぜ。他の部署に配るだけだからな」
「そうか」
言いながら、元親は発見したいくつかの手作りチョコを手元に引き寄せた。が、今食べる勇気はない。何日かに分けて食べてやろう。そんな事を考えていると、
「その二つは義理だ。結婚して子もおる」
元就が自分の元へ戻す。元親の元に残ったのは三つ。
「残りは?」
「さぁのぅ、話した事もない相手だ」
「へぇ」
確かに元親の元に届いてくるものの中にも、知らない名前があるのは事実である。接点がない部署から届くものは義理だろう。そう考えて、元親も部下達と分けてしまうのだが。
「貴様はいつも子分共に分け与えて、一つも持って帰って来ぬではないか」
「ん?あぁ、作業現場には他の部署の人間は立ち入り禁止だからよ。野郎共宛てのも俺んとこに届くようになってんだ。名前が書いてないものは全部分けるようにしてる」
「貴様宛てに届いているものもあるのであろう?」
「それは現場宛てって事だから全部分けてるぜ」
確かに監督と言う立場の者宛てに届いたものは、その部署宛てと解釈するだろう。だが、その中には元親個人に宛てたものがあるはずなのだ。元就の気掛かりはそこだ。気さくで話し易い男だから、誰からも好かれる。こうした機会にもそれが見えないとなると、不安になるのは致し方がないと言えるだろう。馬鹿者がと内心で嘆息し、元就は元親が買って帰ってきた大福を開けた。
「お茶淹れ直してくるわ」
「はようせぬと、貴様の分がなくなるぞ」
「ヒデェな」
明るく笑う男の背中を見送り、元就は大福を齧った。甘さ控えめで、これならば元親も食べられるだろうと思って買いだしたのだ。四つの内、いつも一つを食べている。否、一つしか分けてやらないのであるが。
「あんたから俺には?」
台所から楽しそうな男の問い掛け。元就は首を傾げ、振り返った。大きな背中を丸めて、お茶を淹れている。
「欲しいのか?」
「チョコはいらねェ」
「そう申したのは貴様ぞ」
「だから、俺は『チョコはいらねェ』って言ったんだぜ」
「ややこしい奴よ」
ふーと溜息を吐き出す元就の前に、熱い茶が置かれた。視線を上げるとニコニコと嬉しそうにしている男がいる。
「つまり、食べ物でなくてもよいと言う事であろう」
「あぁ」
「明日からはこれを使え」
「何だ、これ?」
目の前に置かれた長方形の箱。開けると中にはコップが入っていた。
「缶の口で唇を切るかも知れぬであろう」
「そんなへまはしねェけど、明日からもう一本ビール開けていいか?」
「それは許さぬ」
「……そうですか」
酒が元で家族を亡くしている彼の思い遣りでもあった。それは解っているが、酒好きの元親には辛い禁酒令。しゅんと頭を落とした男の前に、
「その代わり、これを飲むが良い。ただし、一杯のみぞ」
焼酎を置いた。
「え?マジか?やったッ!」
大きな男が目を丸くして驚き、そして飛び上がって喜んだ。大袈裟なと呆れつつ、元就は目を細めて笑った。
「ひと月に一本しか買わぬぞ」
「うん、うん、それでいい!有り難うな、毛利!」
喜びの矛先が元就に向いた。が、それに気付いた時には元親に押し倒されていた。
「は、離れよ!大福が固くなるであろう!」
「へへへ」
「……子供か」
満面の笑みで口づけてくる男の髪を撫で、元就は小さく笑った。


翌日、ウキウキしながら塩豆大福を買って帰る元親の姿が目撃されたとか。

BASARA de バレンタインでした!

大遅刻しましたが、今に始まった事ではない。
長いですが、今に(以下略)

ようやく書き終わりました。
元気いっぱいの元親が弱っている所を書きたかっただけなので、締めを考えていなかったのです。まとまっているのかどうか良く分かりませんが、とにもかくにも無事に終わって良かった(笑)

とりあえず、ひと段落。
執筆に戻らなければ……立てた予定が狂いだしています。
頑張ります!

そして、拍手有り難うございましたvv

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/