気紛れ日記

Articles

管理人:竜胆 彩葉(りんどう さいは)


★リンク★
【お絵描き掲示板】
【鬼陽】(携帯サイト)

ノアニール西の洞窟 Lv.14~東の地へ

冷たい水に突然入ると心臓麻痺を起こす可能性があるのだが、ソルは迷わずカイを地底湖へ蹴り飛ばしたのである。カイは慌てて湖面へ顔を出し、激しく咳き込んだ。
「な、何で……?」
状況を把握出来ずに、カイが周りを見回した。些か乱暴なやり方ではあるが、無事に暗示が解けて正気に戻ったようだ。ソルは落ちている夢見るルビーに結界を張ると、道具袋に突っ込んだ。そして、チェーンクロスを振るってカイの腕に巻きつけると、鎖を引っ張って彼を引き寄せた。器用な男である。
「何も覚えてねェのか?」
カイを引っ張り上げ、ソルが尋ねた。カイは頭を左右に振り、
「ルビーを見ていたら、何だか意識が遠くなって……気が付いたら湖の中だった」
記憶がゴッソリと抜けている事に蒼褪めながら、濡れて冷たくなった服に体温を奪われ、カイは身体を震わせた。
「ッたく、テメェは……どれだけ手間掛けさせりゃ気が済むんだ」
「……すみません…」
タオルと毛布を掛けてもらい、カイは申し訳なくて頭を上げられなかった。盗賊としての警戒心を怠って不用意に他種族の宝に触れ、その影響を受けてしまったのだ。反論の余地は無い。
「お前がヘマする度にペナルティ付けるぞ」
「…ペナルティ?…何の??」
「礼の回数」
「………礼…??」
遠回しな言い方では彼には伝わらない。が、ソルが性質の良くない笑みを浮かべると、カイは即座に身の危険を感じた。つまり、失敗した回数分、身体で返せという意味だと理解すると、カイは肩を震わせて笑った。
「ふ、ふふふ、ふっふっふっふ……」
「クックックックックック……」
両者ともに手に武器を握り、笑いながら構えを取った。口は笑っているが、目は笑っていない。
「もっと他に言う言葉は無いのか!!人間として最低だぞ!!」
「人間の基準なんぞ、知った事か!野郎としての俺の偉大さを知れ!!」
「自分で偉大とか言うな!変態!!」
「お預け食らって溜まってんだ!!当然だろうが!!!」
真剣そのものに闘っている二人の、何と低レベルなやり取りか。いや、彼等にとっては重大な問題なのだろう。
「いい加減にヤらせろ!!」
「馬鹿――――――ッ!!ヤりたかったら、一人でヤれ!!!」
カイの会心の一撃。ソルは大ダメージを受けた。精神的に。
「テメェ、一番の禁句を……。喉から手が出るほど欲しいティーカップを前にして、買うなと言われてるようなもんだぞ!!」
「そ、それとこれとは別問題!人間としての在り方の問題だろう!!」
ああ言えばこういう。半眼になって口を曲げていたソルだが、ふとある事を思い出した。ここはノアニール西の洞窟。ここでの問題は解決し、ロマリアより北は全て制覇した。次の目的地はロマリアより東。西へ行く為の魔法の鍵を手に入れに行くのだ。
「……東、か」
呟いたソルがニヤリと笑った。散漫だったソルが集中した事に気付くと、カイは身体が緊張するのを自覚した。だが、ソルは武器をしまうと、道具袋を担ぎ上げた。
「行くぞ。ルビーを返して東に向かう」
「それはいいけど……次は何を企んでいるんだ?」
「別の喰いもんを探しに行くだけだ」
「………はぁ?」
意味が分からない。カイは残っている武器や毛布を拾いながら、首を傾げた。東の地には砂漠への入り口、アッサラームの町があったはずだ。名物はベリーダンス。これが目当てか。
「……駄目勇者……」
強い力を持っていながら、それを使う方向が間違っているのだ。カイは痛む頭を押さえた。ソルはそんな彼を引き寄せて腕の中に納めた。
「な、何……って、うわっ」
突然の男の行動に頬を染めたカイだが、下から熱風が吹き上げ咄嗟に男に縋り付いた。濡れた髪や服が乾き、冷えた身体も温まった。
「風邪でも引かれちゃこっちが困る」
「……あ、有り難う」
「あぁ、礼は……」
「二度も同じ手を食うと思ったら……って、手を放せ!!」
既に男の腕の中にいたカイに逃げ場所など無かった。再び、ある程度堪能した後、ソルはそっとカイを逃がして地底湖に背を向けて歩き出した。そんな男の逞しい背中を顔を真っ赤にしながら追い、カイはそっと後ろを振り返った。
「明日死ぬかも知れない。だから、今を精一杯生きなくちゃ。生きて、生きて、生きて。最後に、生きていて良かったと、笑いたいから…」
エルフの姫と村の若者へ祈りを捧げると、カイは零れ落ちた一滴を拭い、踵を返した。


いつか騎士団時代で使おうと思っていたネタなのですけれどねぇ。
当分ゲーム日記続けたいし、一番更新が滞ってるから使っちゃったvv←騎士団時代書く気ないんか?ってツッコミはやめて下さい(笑)
そして、何て下品な内容……やぁ、一度やってみたかったのです…
野郎の偉大さを(笑)
ま、ギャグテイストで笑って流して下されば嬉しいです(笑)

さて、ようやく月が明けましたね…。
月末を乗り切るのに必死でした~vv
ほとんど他に手が回らないのが辛い所ですが…;;
あ、そう言えば、今日GGオンリーの日じゃ…っ!!
あ~~~~~、……まぁ、いいや(笑)
皆様、楽しんで下さいませvv
流はもうひと眠りしたいところ……
先週の土日が旅行で消え、昨日の棚卸しに向けての怒涛の月末。
さすがに疲れが取れませぬ;;
晩にまた書けたら、ゲーム日記書きたいなぁ…。

さて、いつも最後で申し訳ないのですが…
拍手絵の投票&拍手して下さった方、
いつも有り難うございますvv
元気出して頑張ります~vv

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/