気紛れ日記

Articles

管理人:竜胆 彩葉(りんどう さいは)


★リンク★
【お絵描き掲示板】
【鬼陽】(携帯サイト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告&バトン

甥っ子、姪っ子を連れて、ポニョを観て来ました~!
感想は……所々笑えて面白いけど、心には響きませんでした。褒めてんのか、貶してんのか、良く分かりませんねぇ。隣に座った姪っ子も煩いし、子供が多くて集中して観られなかったからかも知れませんけどね(笑)
それよりも、ROOKIESの方が笑えて、泣けて、面白いドラマだったと思いましたvv 原作は知らないのですけれど、久々にドラマでハマりましたもん。あちこちの番組に出過ぎていて、ドン引きしそうな勢いでしたけどね。そんな事しなくても、ドラマは凄い面白かったのにね。スペシャルと映画、今から楽しみですvv

原稿は…ある程度までは進みましたよ(汗) 足怪我してんのに、運転手として一緒に映画観に行ったので、思った以上には進みませんでしたが……

ごめん。来月に備えて、MHPやってた。
ガンナー装備揃えたからな!って、マジでどつかれそう(笑)

一応報告。
当初と担当に変更があった為、変な進行状況ですが、下書きは残り1P。内、2Pは既にペン入れまで完了しています。月末進行ですが、仕上げます!

さて、相方がやってたバトン、面白そうだったので貰ってきました。無断だけど、持って帰っていいって言ってたし、いいでしょう。【腐〔CP対談バトン〕】なるものを、各ジャンルごとのCPで答えていましたよ。流はクリフ&テスタで行きましょうかね。ソル&カイは相方がやっているし、ほぼ同じ内容だからやらなくてもいいでしょう。気になった方は相方のサイトの、7/26の日記をどうぞ!

その前に、拍手有り難うございます。
駄目駄目ですが、所々頑張っています(笑)

回答は追記からどうぞ!
【腐〔CP対談バトン〕】
クリフ&テスタメントで回答します。
ここはソルカイサイト。お嫌いな方はスルーして下さいね。

*お二人のお名前は
「クリフ=アンダーソンじゃ」
「テスタメントだ」

*お二人の間柄は(恋人、片恋)
「ほっほっ、直球じゃのぅ。ワシャ死んどるで、心の恋人でどうじゃ?」
「……はい。義父さん、我々ではバトンの主旨に当て嵌まりませんよ?」
「そうじゃろうな」
「…」←確信犯だと、痛む頭を押さえる。

*ぶっちゃけ攻はどっち
「だから、ワシは……」(若返る)「あぁ、昔の話をして欲しいのか?いいぜ、いくらでも……」
「義父さん!」
「ははは。冗談だ、冗談」
「……帰りますよ」
「分かった、分かった。怒るな」

*攻様にお聞きします。受ちゃんのここが可愛くてしかたない!!という所は?
「受ちゃんだとよ。良かったな、テスタメント」
「何がです?」
「お前、『ちゃん』付けで呼ばれた事ねぇだろ?」
「……質問に答える気がないのに、どうして来たのですか?」
「まったく…お前はいつも真面目だなぁ。……分かった、分かった。睨むなよ。なら訊くが、お前の可愛い所を俺以外の奴に知って欲しいか?いくらでも言ってやるぜ」
「ごめんなさい、もう言いません」
「ははは、いい子だ」

*受様にお聞きします。攻様のここが格好良くてしかたない!!という所は?
「義父は……いつも格好いい」
「ははは、そうか?」
「はい(面倒見が良くて、気さくで、優しくて、でもとても厳しい……本当に凄い方だから)」
「ありがとよ」
「え?」
「何となく聴こえたから……」
「……ッ!!」

*コスプレさせた事がある。若しくはさせたい格好は?
「させた事ねぇな。そんな事考える時間もなかったしなぁ。でも、させるとしたら……黒髪美人なんだから、チャイナドレスを着たら似合うだろうな」
「馬鹿な事を仰らないで下さい!」
「嫌か?じゃあ、普通に女装してみるか?」
「血迷った事を……ッ!!」
「ぅわ!分かった、もう言わねぇよ!鎌を下ろせ!!」

*2人でお風呂に入っています。背中流しっこ……どちらが先に洗ってあげる?
「2人でなんて入る訳がなかろう。義父は常に一番風呂だ」
「真面目に答え過ぎだ。一緒に入っていたら、の話だろ」
「それなら、勿論私がお流しします」
「ははは、次行こうぜ、次(今晩、一緒に入ってみっかな)」
「?」

*ちなみにドコから…(←セクハラですか?笑)
「肩からだ」
「その次は?」
「え?腕と背中を洗いますが……一緒に頭も洗いましょうか?」
「ははは、そうだな(駄目だ、可愛い)」

*2人の間の決まり事はありますか?
「命日には来るように……いや、今の無し」
「……すみません」
「だから、無しだって言ってんだろ。ベッドの中では名前で呼ぶように、にすっから」
「エグゼビーストッ!!!」←勿論威嚇。
「ぉわあ!何だよ、どっちも駄目なのか??」

*もし2人の間に邪魔者が入ってきたらどうしますか?
「邪魔者?腐るほどいたぜ。団長の座が欲しくて堪らねぇ無能な奴等がな」
「あ…、無理難題を言って困らせていたのは、嫌がらせだったのですか?」
「今頃気付くなよ」
「……すみません」

*攻様にお聞きします。部屋に入ると受様が半裸で着替え途中、どうしますか?
「あるとしたら、朝か。夜だったら……」
「有り得ません」
「……夜だったら…」
「まだ仰いますか?」
「…」←諦めた。

*受様にお聞きします。2人で出かけていると自分といるのに攻様に女の魔の手が…(笑)
 どうしますか?
「どうもせん。いつもの事だ」
「俺の顔は公になってたからな。民衆に囲まれるのは日常茶飯事だった。だから、カイにはそんな苦労をさせん為に、団長の就任式や騎士団の解散時でも公にしなかったんだぜ」

*これからの2人の抱負などをどうぞ
「はははは、俺にどうしろってんだ」
「空から私を見守っていて下さい」
「……まったく、お前は本当に真面目だな」
「すみません」
「ククク、いや…俺はいつもお前の傍にいる。取り憑いてっから」
「えッ!?本当ですか?気付きませんでした!いつからですか??」
「嬉しそうな顔すんじゃねぇよ(汗) 冗談だ、冗談」
「……そうですか」
「ははは……(泣きそうな顔すんなよ…/汗)」

*バトンを回すカプさんを指名してください
「次は元親と元就?だそうだ」
「……やるのですか?」
「らしいな」
「そうですか」

お疲れ様でした。次回は……マジでやっちゃう?(笑)

いつもバトンを回して下さっているマリン様、ゆきと様、緑野様
ソル&カイでやってみたい!と思われたら、どうぞお持ち帰り下さい。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。