気紛れ日記

Articles

管理人:竜胆 彩葉(りんどう さいは)


★リンク★
【お絵描き掲示板】
【鬼陽】(携帯サイト)

何とか…

書物、何とか頭の中で形になりました……多分…。
後は繋げていくだけだ!!
あははははは…馬鹿だッ!!(笑)

忙しい時に無駄に長い話を書いてしまう事をMと言うそうです。ね、M様?←あ、図らずとも『M』!(笑)
で、今日は話の筋も決まったし、現実逃避をしておりました。

レッツ、レウス&レイアとダブルパーリィッ!!!
すみません。MHP、マジんこ面白いです。
ご存知でない方は面白くないと思うので、スルーして下さいね。
ハンター仲間へのアドバイス……もとい、空気読めないの奮闘記を読んで、笑って何となくコツを掴んでみては如何?

▼空気読めないの奮闘記――レウス戦――▼
前回惨敗したレウスなのですが、小さい竜と基本的な動きは一緒なのです。←そう思い込んでいるだけで、全然違う事もありけり(笑)
で、コツさえ掴めば、こいつも大きなニワトリ?←言い切ったッ!褒めてくれ!!
片手剣の攻撃力では限界があると判断し、大剣を担いで行きました。←空気読めないじゃなくて、ドラゴンキラーって付ければ良かったかな?
とりあえず、走り回ればいいのですよ。無様でもいい、何しか勝てばそれでいいのです。こいつと真正面から立ち向かって倒せるのは本物のドラゴンキラーであって、空気読めないではない。必死こいて走っているのが相応しいのです。はっ、足軽?(笑)
大剣は攻撃力が高いので、一発どついたらすぐに距離を取って、走って逃げる。これを繰り返すのみです。真正面から行ったら、踏まれるのでやめましょう。何度も踏まれ、火も吐かれ、噛まれました。やめましょう。なので、横から頭をどつく勢いで行けば大丈夫です。タイミングは、地上で焔を吐いた時が一番安全です。
上空に飛んた時、その真下に入って焔を吐いた所に閃光弾を投げてピヨらせるのは、ノーコンの空気読めないには無理だったので、戦法を変えました。レウスが走って突っ込んで行った後ろで待機。振り向き様を狙って投げたら、ほぼピヨらせられます。投げるタイミングは横を向いた辺りですかね。走り出したら止められないので、その前に必ず当てましょう。1回道具の選択を間違って、回復薬を飲んでしまった事がありましたけどね。勿論踏まれましたよ。はい、逸れました。ピヨらせたら、尻尾攻撃に気を付けながら、どつき回せばOKです。その内、足を引き摺って逃げます。
レウスは飛び回るので、戦う場所にさえ注意すれば何とかなると思いますよ。

▼もいっちょ空気読めないの奮闘記――レイア戦――▼
レイアは調子こきました。レウスを倒せたのなら、レイアも倒せる。そんなノリで挑んだら、勝ってしまいました。その代わり、大樽爆弾Gを使いきってしまいましたが…。使わなくても良かったと、ちょっと後悔しています。
それはさて置き、基本的な倒し方はレウスと同じ。走り回ればいいのですが、距離を開け過ぎると危険です。何度か突進攻撃を避けていると、でかい図体で物理的に有り得ないだろうと思われる、二段階右左折攻撃をしてきます。ご存知の方、あんな巨体で、あんなスピードで突っ込んできておいて、あんな急ブレーキを掛けたら、足の骨をいわすと思いませんか?はい、逸れました。地上戦を挑んでくるレイアは中間距離を取って、焔を吐かせるといいでしょう。レウスは1回しか吐きませんが、レイアは最高3回も吐いてくれます。イッツ、アタックチャ――――ンスッ!!!や、でも、基本は一緒です。横から一発どついて、逃げましょう。怯んだら、二発どつけるかも知れませんね。やった事はありませんが…(笑)
閃光弾を使うタイミングはレウスと一緒です。突撃して行ったその背後で待機。振り向き様を狙って投げましょう。

あ、倒したレイアは森と丘のレイアです。砂漠のレイアで攻撃パターンを見て、実際に倒したのは安全地帯です(笑)森と丘は初心者用フィールドで、とっても闘い易いのです。

以上、空気読めないの奮闘記でした。


どちらかと言うと、レウスよりもレイアの方が闘い易いです。空から狙われたらひとたまりもないでしょう。……個人的に、ですが(笑)
さてさて、現実逃避の気分転換のつもりが、マジでやり込んでしまいました。
明日はこの暴発しまくっている頭をどうにかしに行くので、どこまで進むか分かりませんが、書き上げ作業の続きをします。しかし…どれだけ長くなるのか……;;
ふーむ…大増量に増やすだけ増やして、これを新刊に持って行ったら、それこそ顰蹙でしょうかね…。
顰蹙←ヒンシュクって使うけれど、漢字にすると読めないのだと気付きました。あはは、阿呆です。

さて、あれもこれも詰め込んでマジ自爆したい勢いですが、とりあえず形にしよう!
拍手して下さった方、有り難うございます!!
頑張って書き上げます!!

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/